2009年11月14日

埼玉 子供の遊びと大人の役割研究セミナー 報告

11月14日、朝霞市立南朝霞公民館視聴覚室で第一回のセミナー
子どもにとって「本当の遊び」って何?
というタイトルで日本冒険遊び場づくり協会理事の斎藤啓子氏をお迎えし、
斎藤さんが学生のころ卒業制作として製作した映画「遊ぼう会のお母さんたち」を見て、
子供にとって本当に遊ぶこととは?そこで大人たちはどうかかわりを持ったらよいのか?などを話し合いました。

映画は1977年製作されたもので30年以上前のものですが、その中で遊ぼう会のお母さんたちが「今のお母さんは自分の子供に本当に真剣に向き合っているのかしら…何でもたとえばけがをしたりすると、公園の管理をしている区が悪い、学校が悪い、都が悪い…など自分以外のもののせいにしてしまっている」この言葉は30年以上前のものです。

いまはモンスターペアレンツ、クレーマーなどと呼ばれ、昔よりむしろ悪くなっているのでは…と考えてしまいました。

映画を見た後は参加者の皆さんとディスカッションして、みなさんが子供と関わる中で子供が自由に遊ぶってどういうことだと思いますか?という切り口で話し合っていきました。

参加者も朝霞市や周辺の街、東京都、なんと長野からいらした方までいました
立場も児童館職員、保育士、大学生、子育て中のお母さん、地域の人など様々

そのなかで話題になるのは、子供を自由に遊ばせるのは良いが、危険はどう回避すべき?というのが皆さんの気にするところでした。
「自分はのびのびとやらせたいが組織の中では安全面が優先されてジレンマになる」
「子供が危ないことをやろうとするとどうしても親として見守ることができない」などなど
でも皆さん子供たちにのびのびと遊んでほしいという意見が多かったです。

斎藤さんが最後に話していた言葉が印象に残りました。
「自由に遊ぶって自分で自由に自分の好きなことができるようになっていくことなんですよね。そうなるために子供は失敗しながら考え、まわりの人(大人も含め)のやっていることをよく見て、また考え自分のものにしていくんですよ。」と。
「子供がいつもなにかどこかに、例えばスポーツクラブや塾などに入っていないと安心できない時代になってしまったのではないか…」とも投げかけてくれました。

こうすべきだという明確な答えは出ないかもしれませんが子供の遊びに大人として見守る気持ち、その経験がその子供を育てるということも必要なのだということを多くの色々な立場の大人が再認識していけたら子供が本当に自分の納得がいくまで「遊びきる」ことができ、その子の生きる力につながっていくのかなと思いました。

「心の強い子」が多く育っていけるといいですね。大人の役割が重要な時代ですね。
posted by harappa at 19:21| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。